GOODHILL コンテンツヘッダーロゴ

組立センター-組立センター-

品質決める最後の縫製作業パーツを縫合し服へ

センター風景01
センター風景02
センター風景03
センター風景04

品質決める最後の縫製作業パーツを縫合し服へ

仕立ての良さ、着心地の良さは組立工程で決まります。複雑な形状のスーツの様々なパーツを、豊富な経験と熟練の技で、1着1着丁寧に心を込めて縫い上げていきます。機械化できない職人技は、長年諸先輩から受け継がれたまさに匠の技の結集です。

STAFF紹介

組立縫製技師
信夫さん

PROFILE

鳥取県鳥取市出身。
生産工程の各部署で経験をつみ、現在出来上がったパーツをスーツとして組み立てる最後の縫製工程を担っている。

免許/資格

——

趣味

—–

モットー

スーツがスーツの姿になる瞬間に全集中

日々のお仕事

組立縫製の作業は、縫製作業の中でも花型だと自負しています。平面だった生地が部品工程で半立体のぱーつになり、ここの組立工程ではじめてスーツの姿に組み上がる。まさに生地が洋服になる大切な瞬間を手掛ける責任を一身に背負っています。

スタッフ紹介画像02
スタッフ紹介画像03

ものづくりへのこだわり

ひと針ひと針の重要性と、慎重で丁寧な仕事でありながら、職人だからこそできる手早い仕事を、諸先輩方の背中をみて学んできました。ただの平面を縫う作業ではない難しさがあるので、誰でもできる作業ではないと誇りに思っています。

マイスーツスタイルのロゴ

NRA model /シャープなシルエットのNRAモデル

綺麗に見えるスーツに/p>

オーダースーツは、いくらでもドレッシーにすることもできるけど、シンプルで綺麗に見える自分にあったスーツが一番だと思ってます。ハイコージの細身ラペルで、シャープなシルエットになるようオーダーしました。

シックだけど細かいこだわり

あえてチャコールグレーのシックな生地でシンプルに魅せることにこだわりました。でも細かいところで、ベストを5つボタンの下1つは飾りにしたり、袖も本開きにするなど、オーダースーツならではのこだわり感を取り入れました。

マイスタイル画像01
マイスタイル画像02
マイスタイル画像03