GOODHILL コンテンツヘッダーロゴ

仕上物流センター-仕上物流センター-

最終工程 仕上げプレス・検査・出荷

センター風景01
センター風景02
センター風景03
センター風景04

仕上げプレス

最終段階でここの素材に適したプレス条件を設定し、手作業のアイロンで入念に仕上げプレスが施されます。着る人の立場に立って、体型、寸法、デザインなど1着1着異なる洋服を、より適切な仕上げでより立体感のある美しいシルエットの服が完成します。

検査・出荷

最終検査部門では、個別に表示された検査データに基づき寸法とデザインを手作業で検査します。合格すると、さらに熟練した検査員が厳格な外観検査を行います。このように二重化された検査体制により、品質不良は極めて少なくなりました。

最終的に合格した上衣と下衣を配送先ごとに分別した後、上下を組み合わせます。この分別作業をする自動仕分け器(マイクロベア)は1時間に100余の配送先へ1000点以上の製品分別する能力があります。

STAFF紹介

仕上げ物流センター プレス課
森田さん

PROFILE

鳥取県鳥取市出身。
生産工程の各部署で経験をつみ、現在出来上がった商品を商品ごとの特性に合わせて仕上げプレスする出荷前の最終工程を担っている。

免許/資格

国家資格:紳士服既製服1級、型紙1級
グッドヒル検定1級

趣味

フィシング

モットー

丁寧に、迅速に、的確に。一切妥協しない。

日々のお仕事

工場内を一周し、次々と洋服になって戻ってきた1着1着異なる製品特性を付属のデータを参考にしつつ、ベストな仕上げプレス設定を決めて、より美しいフォルムの1着に仕上げていきます。

スタッフ紹介画像02
スタッフ紹介画像03

最終工程を担う責任

ロールの生地から裁断され、パーツが作られ、プレス、組立など数百の工程を経て仕上がってきた1着を、お客様がベストな状態で着用することを考えて仕上げていく最終工程に誇りをもっています。一切の妥協をせず、細かい部分まで、より美しいフォルムに仕上がる様丁寧に的確に専用のアイロンを使い手作業でプレスしてきます。

マイスーツスタイルのロゴ

NEW British model CANONICO /ニューブリティッシュモデル カノニコ

大きな格子柄のカノニコの生地

シックでありながらその紺色の発色と、そこにキリッと入る大きめのライン格子柄の生地は、その品質の高さとデザイン性で多くの人に愛されるイタリア生地ブランドのカノニコの生地。シックな中にきりりとスマートなスタイルを狙いました。カフスは自分の名前の文字の「寿」の既製品カフス。名前に入ってるからこそ使えるカフスですよね。

ダブルのピークドラペル

スタイルは、自分の体型にフィットするスタンダードなNBモデルで、堂々と引き締まった印象にするために、ダブルのピークドラペルでオーダーしました。表は表生地同色の総ピックステッチを入れ、裏地にはカラフルなピックステッチを入れ、シンプルでありながら、オーダーならではの手の込んだ印象に仕上げました。

マイスタイル画像01
マイスタイル画像02
マイスタイル画像03

STAFF紹介

仕上げ物流センター プレス課
岡村さん

PROFILE

鳥取県鳥取市出身。
生産工程の各部署で経験をつみ、仕上げプレス前のベースプレスの工程を担っている。

免許/資格

国家資格:紳士服既製服1級、注文服2級、級
グッドヒル検定1級

趣味

野菜作り

モットー

スーツ1着1着に愛を込めて

日々のお仕事

組立センターから縫製工程を終えて洋服の姿になった1着が、はじめてプレスされスーツらしいパリッとした姿をみせる、とてもやりがいのある工程です。生産工程でついた細かいシワがピシッとなる瞬間は爽快です。

スタッフ紹介画像02
スタッフ紹介画像03

ものづくりへのこだわり

スーツの生産ラインにおいて「ものづくり感」があるのは、やはりスーツを縫製していく工程が花型だとは思いますが、みんなが組み上げた洋服をプレスするこの工程は、一番美味しいところを持ってく感覚です。

皆さんご苦労様です。最後自分にスーツになるこの瞬間を味合わせてくれてありがとう!と。もちろん、どの工程もなくてはならない作業なので、1着1着丁寧に愛を込めてプレスしています。

マイスーツスタイルのロゴ

BB model /細部にこだわり抜いたBBモデル

いわば出来ること全部載せ

はじめて自分でオーダーしたスーツです。こんなことも出来る、あんなことも出来る…と、その楽しさに、もうここまできたら出来ること盛り盛りにやっちゃおうとこだわり抜いたスーツです。もちろん袖は本開き。

紫ストライプが映えるディテール

紺に細い紫のストライプが美しい表生地にあわせ、一般的な総ピックステッチにプラスして、細かい部分までピックステッチが入れられる部分に全部ピンクの糸でピックステッチを入れ、ボタンホールの一部を紫の糸で仕上げました。何か面白いことができないかな?と裏地生地を使ってエコバッグになるポケットチーフを作ってもらいました。細かい技術力に感服しました。

マイスタイル画像01
マイスタイル画像02
マイスタイル画像03

STAFF紹介

仕上物流センター パンツ課
中山さん

PROFILE

鳥取県鳥取市出身。
これから様々な工程で経験を積んでいく若手のホープ。現在はスラックスのベースプレスの工程を担っている。

免許/資格

グッドヒル検定2級取得へ向け、日々精進

趣味

映画鑑賞、ダーツ

モットー

失敗は成功の源。

日々のお仕事

組立センターで縫製工程を終えたスラックスだけでなく、最後組立センターで縫製する前の部品状態のスラックスなど、スラックスのベースプレスを施します。スラックスも簡単そうに見えて、表裏や縫製部分、ポケット部分など、スラックスならではのプレスの難しさがあり、本当に日々勉強です。

スタッフ紹介画像02
スタッフ紹介画像03

はじめての社会人経験

グッドヒルの生産ラインには、本当にいろんな人がいます。右も左も分からない新人に1つ1つ丁寧に教えてくれる優しい先輩ばかりです。作業するときの服装も私服でいいんだwwと驚きました。とても働きやすい環境だと思います。

 これからもっといろんな工程で経験を積んで、前工程一人ででも出来るぐらいになれたらと思います。

マイスーツスタイルのロゴ

NEW British model /スタンダードなニューブリティッシュモデル

入社式に向けて仕立てた初オーダー

ふだんは、楽なカジュアルスタイルのファッションですが、こうやってスーツを切ると身が引き締まりますね。スーツを着て作業している人を見るとかっこいいなぁと思います。いつかはそうなりたいです。

シンプルだけどワンポイント

入社式用に仕立てたこともあり、基本はリクルートスタイルです。はじめてのオーダーだったので、言われるがままというのもありますが、何を思ったか、自分でエンジのボタンを選んだんです。さらっとワンポイントでかっこいいかなと気に入ってます。

マイスタイル画像01
マイスタイル画像02
マイスタイル画像03